四十肩と五十肩、両方とも肩の病気ですが、どういった感じで違うのかと言いますと、呼び方が違うのみでどっちも同じ症状の病気なんです。関節には関節を包む袋があって、関節包と呼ばれます。この関節包と肩周囲の骨膜などに炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などが考えられます)が発症し、動かすことが困難になったのが四十肩であり五十肩です。原因としてはっきりしていないでしょうが、加齢や筋肉の低下といった専門家もいますよね。それにしても、同じ病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)なのに何ゆえ呼び方が違うのでしょうか?紛らわしいだと言えるでしょう。あえて違いを述べるとするならば、症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)が発症年齢です。四十肩は40台で起こり、五十肩は50代で発症します。もっともかつては、五十代になったならね起こり易い肩の痛みでしたからに五十肩と呼ばれていましたが、発症年齢が徐々に下がってきたため、四十肩という呼び方もでてきたになるでしょう。このまま発症年齢が下がり、30台でも発症するようになれば三十肩といった呼び方も登場しだと言われているのですね。事実、近年はスポーツをする機会が減少しきたせいか、20台や30台でも、四十肩・五十肩の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を発症される方が出てきているとなっています。しかしながら、実際の医療現場では、30台の人が肩が痛いので病院で診てもらったら五十肩と診断されてたり、50台の女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)が四十肩といわれておりたりしており、四十肩と五十肩の呼び方の厳密な区別はないと言われていますね。治療方法に関しても違いはなく、どっちも投薬と体操(リズムや音楽などに合わせて、色々なポーズをとる運動をいいます)がメインわけです。体操(それほど運動量が多くないような気がしますが、真剣にやるとけっこう大変です。継続することで健康維持に役立つでしょう)は年代の違いからくる運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)強度の違いや継続時間の長さなどが異なりますが、運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)内容は同じですー